映画『ハウス・オブ・ヴェルサーチ ~モードの王国を蘇らせた女~』


『ハウス・オブ・ヴェルサーチ ~モードの王国を蘇らせた女~』

映画-House_of_Versace
出演:ジーナ・ガーション、エンリコ・コラントーニ、コーム・フィオール、ラクエル・ウェルチ、エンリコ・コラントーニ、コルム・フィオール、ドナ・マーフィー
監督:サラ・シュガーマン
DVD発売日:2014/12/03



世界を震撼させた、ジャンニ・ヴェルサーチ暗殺事件。
消滅の危機に瀕したブランドは、再び甦るのか!?

《ストーリー》

ドナテッラ・ヴェルサーチをモデルに、ファッション業界の裏側を赤裸々に描いたドラマ。1997年7月15日。ジャンニ・ヴェルサーチが射殺された。屋台骨を失ったブランドの運命は、ジャンニの妹・ドナテッラの双肩に掛かり…。

《観終わって》

世界的デザイナー、ジャンニ・ヴェルサーチの妹、ドナテッラ・ヴェルサーチの生涯を描くこの映画
いわゆる偉人モノ映画ってヤツです。
偉人モノは何作品も観ているけどどれもその天才鬼才故の「孤独」や「苦悩」に焦点を当てた作品が多いように感じます。
個人的には「凡人で良かったなぁ」なんて痛切に感じられるのも偉人モノ映画の良さでもあると思う。

ジャンニの良き理解者として世界のセレブ界に人脈を築き、兄ヴェルサーチを影で支えてきたドナテッラ。映画「ハウス・オブ・ヴェルサーチ」
良き母として妻としてそして女としてパワフルに生きる女性ドナテッラが兄ジャンニの死後、天才でストイックだった兄の呪縛に苦悩し、酒やドラッグに溺れ、次第に周囲の信頼を失って行く。
それでも流石は家族の絆が強い事で知られるイタリア人ファミリー、家族一丸となり彼女を再起させようと懸命に支え続ける。
そしてドナテッラは以前のパワフルでエネルギッシュな自身を取り戻して行くというストーリー

この実在するドナテッラ・ヴェルサーチ役をジーナ・ガーションが熱演しています。
ドナテッラという人物を知れば知るほどセクシー且つワイルドな実力派ジーナ・ガーションが実にはまり役だったと思う。
街並みや家の装飾、衣装などイタリア感満載で全体的にファッショナブルな仕上がりになってます。
自立した大人の女性にオススメしたい作品
映画「ハウス・オブ・ヴェルサーチ」


観てよかった★★★★


この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL