クリエイティブ・コモンズとパブリックドメイン


クリエイティブ・コモンズとパブリックドメイン?

サイト制作において素材を使いたい場合、把握しておきたい著作権。
特に海外サイトなどわかりにくい事も多々。
また、商用利用は可能か、その場合クレジット表記は必要なのか、などなど情報を探すのに苦労することもあります。
今回は著作権表記について調べてみた。

クリエイティブ・コモンズとパブリックドメイン

[パブリックドメイン](PD)
PD-iconb

パブリックドメインはすでに保護期間の終了したもの、または著作権が放棄されたもので自由に使える。
(PD)などと表示されている。


[クリエイティブ・コモンズ・ライセンス](CCライセンス)
cc

クリエイティブ・コモンズ・ライセンスとはなんなのか、以下クリエイティブコモンズより抜粋。

  • 様々な作品の作者が自ら「この条件を守れば私の作品を自由に使って良いですよ」という意思表示をするためのツール(マーク)です。
  • 作者は著作権を保持したまま作品を自由に流通させることができ、受け手はライセンス条件の範囲内で再配布やリミックスなどをすることができます。

作品の利用のための条件は4種類。
また、4種類の条件を組み合わせてできるCCライセンスは、ぜんぶで6種類ある。
クリエイティブ・コモンズ・ライセンスがややこしい理由はここではないでしょうか。
当のクリエイティブ・コモンズは柔軟に作品の共有をしたいとの考えの下ですので、従うしかありません。

表記の説明



表示(BY)
表示

原著作権者の情報を明記すれば利用可能。作品の改変や営利目的も可。


改変禁止(No Derivative Works)
改変禁止

作品を改変しなければ利用可能。営利目的も可。


非営利(Noncommercial, NC)
非営利

非営利目的であれば利用可能。作品の改変も可。


継承(Share Alike, SA)
継承

非営利目的であれば利用可能。作品の改変も可。ただし、改変を加えたもの(二次的著作物)を配布する場合は、原著作物と同じライセンスで配布しなければならない。

基本的な組み合わせは以下の6種類
by,by-sa,by-nd,by-nc,by-nc-sa,by-nc-nd

この組み合わせを見てわかるとおり、現在すべてのクリエイティブ・コモンズ・ライセンスには著作権表示義務(BY)が義務付けられている。
つまり個人ブログやサイトならまだ使えるが、WEB制作会社などのクライアントワークには実質不向きなのがわかる。

クライアントワークでは、クレジット表記の義務付けをしていない商用利用可のフリー素材を利用するか、パブリックドメインの著作権が放棄されたものを使うのがいいだろう。


この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL