HTML5&CSS3 – 対応ブラウザ


HTML5&CSS3対応ブラウザについてのメモ

2014年10月28日にW3C勧告。今更ながら対応ブラウザについて調べてみた。

[fmbip.com]

http://fmbip.com/litmus/

各項目ごとに対応非対応を確認出来るサイト。
Chromeは25以上,Firefoxは20以上で大丈夫だが、IEは9以上。
(2015/01/15現在の最新バージョン:Chrome39,Firefox35,IE11)
もしもIEのバージョンが9以下ならHTML5の新要素を認識させるJavascriptのコードをhead内に記述する。



これでHTML5の新要素を認識出来るが、CSS3を正しく認識してはくれない。
そこでインライン要素として表示してしまう要素をブロックレベル要素にするため、CSSに以下を追加。


では日本のブラウザシェアはどうなのかというと
[StatCounter]

http://gs.statcounter.com/#browser-ww-monthly-201312-201412

日本のシェアをグラフ表示
ほんとIEが多い。

Source: StatCounter Global Stats – Browser Market Share

*スマホ用サイトではグラフが表示されない場合があります。


ブラウザバージョン別

Source: StatCounter Global Stats – Browser Version Market Share

*スマホ用サイトではグラフが表示されない場合があります。


ついでに日本の画面解像度の割合

Source: StatCounter Global Stats – Screen Resolution Market Share

*スマホ用サイトではグラフが表示されない場合があります。

ULTRAZONEには190の企業を業種ごとにまとめたデスクトップ向けページの横幅一覧表があるので助かります。
http://ultra.zone/website_width


この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL