Web表示速度のために画像最適化サービスを使おう


Web表示速度のために画像最適化サービスを使おう

WEBサイト制作にかかせない画像。
サイトの表示が遅かったりサーバー圧迫の原因となる画像はできる限り軽量化しておきたいものです。
ここでは画像の劣化を最小限に最適化してくれるサービスをいくつか記載。

そのまえに、Googleが提供しているPageSpeed Insightsというサイトがあります。
サイトの読み込み速度を図り点数付きで改善点を教えてくれます。
もちろん画像の圧縮が必要と思われる場合も教えてくれますので先にこちらのサービスでチェックしておくと良いでしょう。
さらにチェックしたページ向けに最適化された画像、JavaScript、CSSまで生成までしてくれるので使わない手はないでしょう。

PageSpeed Insights Image
PageSpeed-Insights

Webサービス

TinyPNG

tinypng


サイト名にPNGとあるので.pngしか出来ないのかと思ってしまいますが.jpgも対応してます。

実際に使ってみた。
890KBだった.jpg画像が152KBに、739KBも軽量化されました。
tinypng


こちらのTinyPNGはフォトショップのプラグインもあるのでインストールしておくと便利でしょう。(50ドルですが・・・)




JPEGmini

jpegmini


実際に使ってみた。
こちらも同等の圧縮率。
jpegmini




optimizilla
optimizilla


「他のサービスやソフトウェアを凌ぐパフォーマンスです。」と書かれているこちらはどうでしょうか。
実際に使ってみた。
ん?、-77%という結果に
実ファイルサイズも他の2サイトより圧縮されていない模様でした。
optimizilla




J I C – a Javascript Image Compressor
jic


こちらは圧縮率を手動で変えられるサービスです。
スライダーで変更後Compressのボタンを押すと右側に変更後の画像が表示されて確認できます。


この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL