WordPress-便利機能をセットにしたプラグイン『Jetpack』


WordPress-便利機能をセットにしたプラグイン『Jetpack』

「Jetpack」は、アンチスパムソフトウェアプラグインのAkismetを提供しているAutomattic社のプラグイン。
Automattic社はWordpress.comを運営している会社なので安心安全、利用者数も多いプラグイン。
jetpack


「Jetpack」はあると便利なプラグインをセットにしたものでこれひとつで多機能なWordpressにすることが出来るというもの、現在(2015/04/30)36個ものプラグインが同梱されている。
もちろん使わないものは個別に無効化できる。

『Jetpack』のインストール

[プラグイン]>[新規追加]
キーワードに「Jetpack」を入力して検索。
*自分の環境では検索しなくても一覧に出ていた。
jetpack

Jetpackが見つかったら今すぐインストールを押し「プラグインを有効化」をクリック!
Jetpack

『Jetpack』のセットの中身を確認

[プラグイン]>[インストール済みプラグイン]を表示し、一覧の「Jetpack by WordPress.com」に表示されている有効化をクリック。
Jetpack


するとWordPress.comとアカウントを連携するバナーが表示されるのでそちらをクリックして連携させる。
Jetpack


WordPress.comにログイン連携完了後Jetpackのメニューが追加されている。
Jetpack


Jetpackトップ画面をみると「ジャンプスタート」とありますが、これは代表的はプラグインをボタンひとつで有効化出来るということ。

Jetpackセットプラグイン詳細

プラグイン名
(導入時、有効・停止の状態)
機能説明
Beautiful Math(有効)
jetpack
LaTeX logo は、複雑な方程式や数式を入力するのに適したパワフルなマークアップ言語です。
LaTeX logo を含めるには、$latex 【ここにコードを記入】$ または [latex]【ここにコードを記入】[/latex] という書式をコメントや投稿内でご利用ください。 各種オプションが用意されています
Gravatarホバーカード(有効)
jetpack7-2
Gravatar ホバーカードは、名前、プロフィール情報、写真、連絡先、その他の利用サービスといった情報を表示します。
JSON API(有効) Jetpack は、アプリケーションやサービスが安全にサイトと通信し、新しい方法でサイト上のコンテンツを活用したり、追加機能を提供したりできるようにします。
開発者は WordPress.com の OAuth2 認証システムおよび WordPress.com REST API を使ってサイトのコンテンツへのアクセス・管理ができます。
JSON(JavaScript Object Notation)。
Jetpack コメント(停止)
jetpack7-3
Jetpack コメントを使うと、読者が WordPress.com、Twitter、または Facebook アカウントでログインしてコメントを残せるようになります。
Jetpack はサイトの色調と自動で一致させるように試みますが、ディスカッション設定画面の下部で手動調整することも可能です。
Jetpack シングルサインオン(停止) WordPress.com シングルサインオンを使えば WordPress.com のアカウントを使ってインストール型 WordPress サイトにユーザー登録したりログインしたりできるようになります。安全でセキュアなログインです。有効化するとログインフォームに「WordPress.com アカウントでログイン」オプションが追加されます。
Markdown(停止) 一般的な文字や記号を使ってリンク、リスト、その他のスタイルを投稿やコメントに追加できます。Markdown は、複雑なコードやショートカットを覚えることなく、キーボードのみを使ってすばやく簡単にリッチテキストを書きたいというライターやブロガーの方に支持されています。
Photon(停止) WordPress.com の CDN (コンテンツ・デリバリー・ネットワーク) から画像を読み込ませ、サイトを高速化しましょう。画像をキャッシュし、高速なネットワークから提供することで、あなたのサーバーの負荷をワンクリックで低減できます。
VideoPress(停止) VideoPress モジュールを使うと動画を WordPress サイトにアップロードし投稿やページで埋め込むことができます。このモジュールを使うには有効な VideoPress サブスクリプションのある WordPress.com アカウントが必要です。VideoPress サブスクリプションを購入後、VideoPress を設定してください。
WP.me 短縮リンク(有効)
jetpack7-4
長い URL をコピー & ペーストする代わりに、短くてシンプルな投稿の短縮リンクを取得できます。とてもコンパクトな wp.me を利用し、安全で信頼できるユニーク URL を生成します。ショートリンクを利用するには、編集画面で投稿タイトルの下に表示される「短縮 URL を取得」ボタンをクリックします。ダイアログボックスが開くので、コピーして Twitter、Facebook など好きなところにペーストしましょう。
WordPress.com 統計(有効)
jetpack7-5
統計情報を提供してくれるサービスは他にもありますが、データ量が多すぎて圧倒されることもあるかもしれません。WordPress.com の統計情報は、すっきりした魅力的なインターフェースで一番人気のある指標を分かりやすく伝えてくれます。
いいね(停止)
jetpack7-6
「いいね」ボタンを設置すると、読者が WordPress.com アカウントでログインしてあなたのコンテンツへの好意的反応を示すことができるようになります。「いいね」をつけた投稿は、WordPress.com で一覧表示できます。投稿の下に「いいね」を押した人の数と、その人の Gravatar 画像が表示されます。
 ウィジェット表示管理(有効)  ウィジェット表示管理機能を使って、ページごとに表示されるウィジェットをコントロールしましょう。表示をコントロールするにはウィジェット詳細を開いて「保存」ボタンの横にある「公開状態」ボタンをクリックし、オプションを選択してください。
 カスタム CSS(有効)
jetpack7-7
カスタム CSS エディタを使うとテーマの CSS を追加または置き換えできるようになります。構文カラーリング、自動インデント、リアルタイムな CSS ルールチェック機能も含まれています。CSS エディタを使うには「外観 → CSS 編集」画面に移動してください。
 カスタム投稿タイプ(有効)
jetpack7-8
ブログ投稿や固定ページ以外に、異なる種類のコンテンツをサイトで整理して表示できます。
カスタムコンテンツタイプを使うには、「設定 → 投稿設定 → カスタムコンテンツタイプ」で「ポートフォリオプロジェクト」または「推薦文」にチェックを入れて有効化してください。これで、サイドバーの「ポートフォリオ」または「推薦文」メニューから新しいプロジェクトや推薦文を追加できるようになります。
 カルーセル(停止)
jetpack7-9
カルーセルを有効化すると、投稿に埋め込んだ標準の WordPress ギャラリーの写真が美しいフルスクリーン表示で楽しめるようになります。コメントや EXIF メタ情報にも対応しています。
コンタクトフォーム(有効)
jetpack7-10
コンタクトフォームを使えば、個人メールアドレスを知られることなく読者からのコメントを受け取る事ができます。
コンタクトフォームはそれぞれ、必要に応じてカスタマイズできます。ユーザーがフォームを送信すると、フィードバックがスパムでないことを確認するため Akismet のフィルターが適用されます (有効化されている場合) 。チェックを通過した内容はメールで送られ、さらにフィードバック管理エリアにも保存されます。
サイトアイコン(停止)
jetpack7-11
サイトアイコン機能を使えばサイトのアイコンを作成することができます。このアイコンは、favicon・モバイルアイコン・Windows 8 上のタイルとして使用されます。
新しいアイコンをサイトに追加するには、設定 → 一般 → サイトアイコンからアイコンをアップロードしてください。
サイト認証(有効)  Google・Bing・Pinterest などの外部サービスでこのサイトをあなたが保有・管理していることを証明するのに使えるツールです。サイトを認証することで、外部サービスの高度な機能にアクセスできるようになります (例: ウェブマスターツールや認証済みバッジの取得) 。ホームページのソースコードに非表示の meta タグを追加します。
ショートコード埋め込み(有効)
jetpack7-12
ショートコードを使えば簡単かつ安全に外部メディアをサイトに埋め込めます。シンプルなコード一つで、WordPress に YouTube、Flickr などのメディアを埋め込むよう指定できます。投稿または固定ページエディターにショートコードを直接入力し、メディアを埋め込みます。詳しい方法については以下のリンクをご覧ください。利用出来るショートコード: archives,bandcamp,blip.tv,
dailymotion, facebook, flickr, gist,googlemaps,
jetpack_subscription_form, polldaddy, presentation, recipes, scribd, slideshare,slideshow,soundcloud, ted, twitter-timeline, vimeo, vine, youtube, wpvideo (VideoPress)
スペルと文法(有効)
jetpack7-13
After the Deadline 校正サービスを使えば、人工知能を使ったスマート・サジェスチョンで英語などのスペリングや文章スタイルを改善できます。After the Deadline には、プロフィールページで変更できるカスタマイズ設定が色々と用意されています。
タイルギャラリー(停止)
jetpack7-14
外部グラフィックエディタを使わずに写真をマガジン風のモザイクレイアウトで表示できます。
ギャラリーを投稿に追加する際、画像のレイアウトスタイルを選べるようになっています。長方形、正方形、丸型のギャラリースタイルに対応しています。デフォルトでは標準のサムネイル・グリッドレイアウトでギャラリーが表示されます。長方形のレイアウトをすべてのギャラリーに対してデフォルトにするには、設定 → メディアページで「すべてのギャラリー画像をモザイク形式で表示する」にチェックを入れてください。
注: タイル状ギャラリー内の画像には特別な処理が必要なため、Photon モジュールが有効化されていない場合でもこれらの画像は WordPress.com の CDN を通じて提供されます。
パブリサイズ(有効)
jetpack7-15
パブリサイズ共有を使うとブログを人気のソーシャルネットワークサイトに連携して新しい投稿を自動的に友人へシェアできます。→ 自分だけまたはブログ上のすべてのユーザーとの連携を選択できます。
パブリサイズ共有を使うと、Facebook・Twitter・Tumblr・Yahoo!・Linkedin で投稿を共有できます。
パブリサイズ共有設定を管理できます。
プロテクト(有効) Jetpack プロテクトはクラウドの力を使った総当たり攻撃への対策ツールです。数千万の WordPress サイトを活用し、悪意のある IP を識別・ブロックします。 Jetpack プロテクトは、このプラグインをインストールしたサイトに対しての失敗したログイン試行をトラッキングします。ある IP からの短期間に失敗したログイン試行が多すぎる場合、このプラグインを使っているすべてのサイトへのログインがブロックされます。 Jetpack プロテクトは BruteProtect から派生した機能です。もしサイトで BruteProtect が有効化されていれば無効化されます
メール投稿(有効)
jetpack7-16
メール投稿機能を使うと、メールで送ったコンテンツをブログに公開できます。どんなメールクライアントも使えますので、携帯電話などからもすばやく簡単に投稿できるようになります。
プロフィール設定ページからメール投稿用アドレスを管理できます。
メールの送信、添付ファイル、投稿のカスタマイズについての詳細情報。
モニター(停止) ダウンタイムを好む人はいません。Jetpack モニターは5分毎にサイトをチェックして、きちんと動作しているかを調べます。ダウンタイムが検知されたらすぐに問題を知らせるメール通知が送信されます。これにより、問題にすばやく対応してサイトをまたオンラインにすることができるはずです。
サイトが回復した際にもすぐに通知しますので、ダウンタイムの合計期間も知ることができます。
モバイルテーマ(停止)
jetpack7-17
スマートフォンからアクセスしている読者もたくさんいる可能性があります。小さな画面でも読みやすくしておくことも重要です。
Jetpack のモバイルテーマは小さな画面にも最適化されています。現在のテーマのヘッダー画像、背景、ウィジェットを使い、カスタム表示に対応します。投稿フォーマットにも対応しており、スマートフォンでも写真やギャラリーを美しく表示できます。
iPhone、Android、Windows Phone などのモバイルデバイス上の読者には、自動的に通常サイト表示オプション付きのモバイル対応テーマが提供されます。モバイル対応テーマは、上記のボタンから有効化・無効化できます。
一括検索(有効) 一括検索ですべての検索結果をまとめて表示できます。現在ブログ投稿・固定ページ・コメント・メディア・プラグインの検索に対応しています。
一括検索機能は他のプラグインとの互換性があり、外部プロバイダからの検索結果を表示することもできます。
共有(有効) コンテンツをメールアドレス、印刷、Facebook、LinkedIn、Twitter、Google+、Reddit、StumbleUpon、Diggなどで簡単に共有できるパワフルなツールです
有効化セクションに共有サービスをドラッグ & ドロップし、サイトに表示させます。非表示セクションにドラッグすると、「共有」ボタンをクリックした際にのみ表示されます。
詳しくは共有ツールサポートページをご覧ください。この動画で簡単な機能概要を見ていただくこともできます。
拡張配信(有効) Jetpack はブログで公開されたコンテンツを即時に検索エンジンなどのサードパーティサービスと自動で共有します。これにより、リーチやトラフィックの増加につながります。
無限スクロール(停止) お使いのテーマが無限スクロールに対応していない場合はこのモジュールを有効化できません。
自分で作成したテーマの場合、無限スクロール対応を行う方法を http://jetpack.me/support/infinite-scroll/ でお読みください。
購読(有効)
jetpack7-18
読者が投稿のメール通知を受け取れるようにするウィジェットをブログのサイドバーに簡単に設置できます。新しい投稿が公開されると、WordPress.com から購読者にメールが送信されます。読者がコメントを投稿する際、コメントを購読して今後つけられたコメントの通知を受け取ることもできます。
購読ウィジェットを使うには、「外観 → ウィジェット」ページに移動します。「ブログ購読 (Jetpack)」という項目を右カラムにドラッグし、設定を変更してください。
購読設定はディスカッション設定ページの下部からも変更できます。
ブログからフォロワーに送信されるメールをカスタマイズするには、表示設定画面下部の設定を変更してください。
追加サイドバーウィジェット(有効)
jetpack7-19
Twitter ウィジェットはテーマのサイドバーにあなたの最新ツイートを表示します。Facebook Like ボックスウィジェットはテーマのサイドバーに Facebook Like ボックスを表示します。
画像ウィジェットを使うとテーマのサイドバーへ画像を簡単に追加できます。
Gravatar ウィジェットを使うと、Gravatar のプロフィール情報とアバターを取得できます。
ギャラリーウィジェットを使うと、簡単にフォトギャラリーやスライドショーをブログのサイドバーに追加できます。タイルギャラリーモジュールが有効化されている必要があります。
WordPress 投稿を表示ウィジェットを使うと、外部の WordPress.com サイトまたは Jetpack を使っているインストール型サイトの投稿を最大10件表示できます。
今後のイベントウィジェットを使えば、iCalendar のリンクを元にイベント一覧をサイト上に表示できます。
各ウィジェットにはさまざまなカスタマイズ設定が含まれています。 ウィジェットを使うには、外観 → ウィジェットページでサイドバーにウィジェットボックスをドラッグし、設定してください。
通知(有効)
jetpack7-20
あなたのサイト上のアクティビティをフォローし、他の WordPress.com ユーザーと交流しましょう。通知はツールバーと WordPress.com サイト上で見ることができます。
関連投稿(停止) 「関連記事」機能は、サイト内の関係があるリンクを投稿の下に追加して表示します。この機能が有効化されると、(有効化している場合) 共有ボタンと WordPress.com「いいね」ボタンの間にリンクが表示されます。関連記事機能についてのさらに詳しい情報。
集中管理(停止)
jetpack7-21
集中管理機能を有効化すると、WordPress.com のサイトも含むシンプルなダッシュボード一箇所でインストール型 WordPress サイトも更新できるようになります。プラグイン
プラグインの更新、自動更新設定、サイトごとまたは一括有効化・無効化をwordpress.com/plugins から行えるようになりました。
ブログ投稿と固定ページ
単独の画面から、選択したサイトに投稿やページを追加できます。
VaultPress(停止)有料
jetpack7-22
月ごとの利用料を支払うことで、VaultPress プラグインはサイトのコンテンツ、テーマ、プラグインをリアルタイムでバックアップし、定期的なセキュリティスキャンで一般的な脅威や攻撃をチェックします。プラン & 価格を表示

サイト統計情報はいいですね、GoogleAnalyticsへ見に行く回数も減ることでしょう。
共有やいいねも使いたい人は多いのではないでしょうか。


この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL