WordPress – 納品時に使える。権限設定をカスタマイズするプラグイン「User Role Editor」


WordPress – 納品時に使える権限設定をカスタマイズするプラグイン

 

たとえばクライアントを投稿者として設定した場合、記事の作成やファイルのアップロードは出来るがブログへ寄せられたコメントの認証が出来ない、編集者にしてしまうと固定ページの編集も出来てしまう・・・なるべくなら投稿者の権限としておきたいがコメント・トラックバック認証の権限も与えたい・・・

そんな時に便利なプラグイン「User Role Editor」の紹介です。

user-role-editorの使い方

まずは、WordPressのデフォルト権限グループとして以下の6つがある。

  • 特権管理者:マルチサイト管理機能や他のすべての機能へアクセスできるユーザー
  • 管理者:シングルサイト内のすべての管理機能にアクセスできるユーザー
  • 編集者:他のユーザーの投稿を含むすべての投稿を発行、管理できるユーザー
  • 投稿者:自身の投稿を発行、管理できるユーザー
  • 寄稿者:自身の投稿を編集、管理できるが、発行はできないユーザー
  • 購読者:閲覧のみできるユーザー

 

WordPress Codex 日本語版」より抜粋

権限 特権管理者 管理者 編集者 投稿者 寄稿者 購読者
manage_network
manage_sites
manage_network_users
manage_network_plugins
manage_network_themes
manage_network_options
権限 特権管理者 管理者 編集者 投稿者 寄稿者 購読者
activate_plugins
(シングルサイトまたは
ネットワーク設定で有効化)
create_users ◯ (シングルサイト)
delete_plugins ◯ (シングルサイト)
delete_themes ◯ (シングルサイト)
delete_users ◯ (シングルサイト)
edit_files ◯ (シングルサイト)
edit_plugins ◯ (シングルサイト)
edit_theme_options
edit_themes ◯ (シングルサイト)
edit_users ◯ (シングルサイト)
export
import
権限 特権管理者 管理者 編集者 投稿者 寄稿者 購読者
install_plugins ◯ (シングルサイト)
install_themes ◯ (シングルサイト)
list_users
manage_options
promote_users
remove_users
switch_themes
update_core ◯ (シングルサイト)
update_plugins ◯ (シングルサイト)
update_themes ◯ (シングルサイト)
edit_dashboard
権限 特権管理者 管理者 編集者 投稿者 寄稿者 購読者
moderate_comments
manage_categories
manage_links
edit_others_posts
edit_pages
edit_others_pages
edit_published_pages
publish_pages
delete_pages
delete_others_pages
delete_published_pages
delete_others_posts
delete_private_posts
edit_private_posts
read_private_posts
delete_private_pages
edit_private_pages
read_private_pages
unfiltered_html
権限 特権管理者 管理者 編集者 投稿者 寄稿者 購読者
edit_published_posts
upload_files
publish_posts
delete_published_posts
edit_posts
delete_posts
権限 特権管理者 管理者 編集者 投稿者 寄稿者 購読者
read

 

では「User Role Editor」をインストールして柔軟にカスタマイズしていきます。

ちなみにこの「User Role Editor」はWordPressデフォルト権限グループの各権限変更が出来ますが、新たに権限グループを作成することも出来る。

今回はWordPressデフォルト権限グループはそのままで新たに権限グループを作成して権限を追加していきます。

 

「User Role Editor」バージョン 4.25.2のプラグインのインストール。

[プラグイン] → [新規追加]

「User Role Editor」で検索してインストール後有効化。

user-role-editor

 

「User Role Editor」バージョン 4.25.2の日本語化。

下記アドレスにある「 user-role-editor-ja.mo 」日本語化ファイルをダウンロード。

バージョンが違いますが日本語化に問題ないです。

http://yuji-memoram.blogspot.jp/2015/10/wp-user-role-editer-4192.html (preference noteさんありがとうございます!)

ダウンロードした日本語化moファイルを wp-content\plugins\user-role-editor\lang フォルダに入れます。

[ユーザー]→[User Role Editor]をクリックして設定画面を表示させる。

Show capabilities in human readable form のチェックボックスにチェックを入れると日本語化されてわかりやすくなりました!

User Role Editor 日本語化

日本語化!

ロールを選択して権限を変更:のプルダウンが現在選択されている権限グループです。

user-role-editor 日本語化

 

権限グループを新たに作成して必要な権限を与える。

クライアント先に納品という体で設定してみます。

架空クライアントとの運営打ち合わせのまとめは以下。

ビジネスサイト・ビジネスブログ公開
権限グループ名:クライアント株式会社(ID:a01)

  • 投稿記事に関する権限は全て付与
  • ファイルアップロード権限付与
  • コメント・トラックバックの認承権限付与
  • 管理画面閲覧のread権限付与

 

固定ページに関してやユーザーの追加削除権限は無し。
他すべて無し。

 

新規権限グループ作成

新たに権限グループを作成します。

手順としては

  1. ロール追加ボタンクリック
  2. 各項目に以下内容入力
 説明  入力内容
 ロール 名 (ID)  IDを半角英数で入力  a01
 表示 ロール 名  プルダウンに表示されるグループ名  クライアント株式会社
 コピー作成  他の権限グループをコピーする場合  なし

 

右側のメニューから「ロール追加」ボタンをクリック

Wordpress-納品時

 

各項目入力後「ロール追加」ボタンをクリック

Wordpress-権限

 

するとロールを選択して権限を変更: のプルダウンが作成したロール名となる。

Wordpress-権限追加

 

続いて追加したい権限項目にチェックを入れる。

チェックを入れた項目は下記画像のとおり。

 

userroleeditor-使い方

 

チェックを入れたら忘れずに「更新」ボタンを押して、「権限の更新を確認してください」と表示されたら「Yes」ボタンも押して完了!

クライアントユーザーでログインして不具合がないか確認。

WordPress-ユーザー権限

作成した権限に合わせてメニューが表示されている。

以上です。

 

 

 

 


この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL